注意すべきこと

弁護士に依頼する上で、注意すべきことを説明します。

弁護士に相談する上で、守って欲しいことは
自分に不利な事実も正直に伝えることです。

そもそも、弁護士は、依頼者の主張をなるべく
相手側に認めさせるために存在しています。

そのために依頼者にとって有利な証拠を考えうる
限り集め相手方に対して戦略を組み立てるわけです。

この時にもし依頼者が自分にとって不利な事実を
弁護士に伝えていないと、法廷の場で相手側が
その事実を主張してきたときにとっさに反論を
組み立てることが難しくなります。

そうなってしまうと、本来であれば、勝てたかもしれない
裁判に負けることになってしまいかねません。

そのような意味で依頼者と弁護士は、
正確な情報を共有しておく必要があるのです。

また、このような隠し事をしてしまうと、
弁護士との間の信頼関係が成り立ちません。

弁護士といえど、やはり人間ですから、
不誠実な態度をとる依頼者に対しては
どうしても不信感が募ります。

そのようにお互いの関係が悪くなってしまうと、
裁判などの手続きでも必要な情報が抜けていたり
するなどして不利になってしまいかねません。

そのようなことがないように、誠実な関係を
コツコツと築いていかなければいけないのです。